上昇1962 /下落1851
日経平均 +0.51%
TOPIX +0.17%
マザーズ指数 +0.68%
ジャスダックインデックス +0.46%

なんというか、横ばいでぱっとしない相場展開。
ゴールデンウィークも近いのもなにか影響はあるのでしょうか。

TO戦略は逆張りでちょび利確しつつ、新規仕掛けで含み損という状況。
こちらも派手な値動きがありませんでした。
TOブログ_利確_240x120


ところでSBI証券が25歳以下現物手数料無料を発表したとおもったら、岡三オンライン証券、松井証券、DMM.com証券同様の施策を打ち出しましたね。

松井証券:25歳以下を対象に、株式取引手数料(現物・信用)を5月6日より無料化若年層の資産形成を応援します!





岡三/DMMはSBIと同じくキャッシュバックですが、松井証券は素直に0円っぽいです。
なんでしょう。25歳という数字になにか意味でもあるのでしょうか。

はやく大人も対象にしてくださーい!


検証速度が速い! 使いやすい! 利用者多数!
売買ルールの構築/検証/シグナル抽出は、「株システムトレードソフト イザナミ」を使用! 


■損益グラフ
1234

■売買ルール別損益
4567

■IPO投資損益
ipo20210407


💹IPO申し込みの日々の負担を圧倒的に軽減!大内は「らくらくIPO申し込み支援ツール」で運用中です

■イザナミ豆知識
「資極システムフルセット」が今夜締め切りです。
blogparts_img

メルマガでも書きましたが、
HP売買ルールと「資極システムフルセット」の成績を比べてみました。

↓HP売買ルールの資産グラフ 500万円スタート(-2021/4/23) 凸凹してるけど最高益更新!
no title

↓資極システムフルの資産グラフ 500万円スタート(-2021/4/23) なめらかに最高益更新!
1

↓検証結果からみた成績差
2

同じ500万円からスタートでありながら最終利益に5.6倍もの差が!しかもドローダウン半分!

・HP売買ルールは暴落時逆張り買い戦略1本なのに対し、資極システムフルは売り戦略も含まれた5つの戦略で構成されている、
HP売買ルールはスイングトレードなので続落に弱いのに対し、資極システムフルはデイトレードなのでオーバーナイトリスクが無い、
HP売買ルールは暴落がこないことにはシグナルが出ないので取引回数が少ないのに対し、資極システムフルは総取引回数を重視するコンセプトなのでガンガン取引する、
という違いが大きな差を生んでいます。

当然この先の未来も同じパフォーマンスを維持できるかは相場次第ではありますが、根本的なコンセプトの力でHP売買ルールを圧倒しているのはお解り頂けるかと思います。

お得価格で入手できるのは今夜までですよー。

イザナミ+資極システムフルセット

■犬のクロラブさんのお言葉
朝にまさかの雪が降ったわん。寒かったけどいまは暖かくなったワン。
相場も急な寒暖の差がでたりするから、ポジションが風邪引かないように注意だわん。
kurorabu