NYダウ連日の大下げで879ドル安!
日本市場も連日の大幅下落か?と思ったら日経平均は11時過ぎから不思議な力が働いて底打ちし、結局179円安とやや下げ程度で収まりました。

しかし!個別でみるとキツめに下がった銘柄も多い印象です。
TO戦略銘柄は昨日(2/25)に仕掛けてた某コロナ関連銘柄がSTOP安タッチするまで下落してしまい、キツめの含み損になってしまいました。とほほー。
TOブログ_暴落銘柄を構えて悲しむ_240x120

これだけ下がればアガルタ2も再始動となりそうです。
2月終盤の再攻撃に期待!
 

検証速度が速い! 使いやすい! 利用者多数!
売買ルールの構築/検証/シグナル抽出は、「株システムトレードソフト イザナミ」を使用! 


■損益グラフ
1234

■売買ルール別損益
3456

■イザナミ豆知識
今回は「大損失の覚悟テクニック」をお教えしましょう!
それは取引一覧で損益の列を損失順にソートして、上位1-10位を選択して、合計金額を確認する!です。

eb426fc2

見たくもない金額が出てきます。こんな損失にはなるはずがない・・・とお思いでしょうが、時期がくればこの損失は十分「ありうる」のです。
資金が多いなら1-15位など、より選択範囲を大きくしましょうね。資金が少ないなら1-5位でもよいと思います。

「まさか…」がくるのが生の相場。耐えきれそうにないと思ったら、1銘柄に仕掛ける金額を低くしたりシグナル数を減らすようなカスタマイズを行うとよいですよ。

■猫のミワさんのお言葉
先の見えない新型コロナウイルス流行、不安を抱えている人をみると連鎖的に不安になってしまうものにゃー。
デマも増えていることだし、あえての「情報シャットアウト」というのも情報化社会で上手に生きるコツにゃー。
miwa
あと「ドローダウンキツイけど、シグナル通り頑張る」発言も飛び出しやすいころあいにゃが、無理は禁物にゃ。
キツイ時点でリスク高すぎの可能性大にゃ。
ポジション量を半分に減らすなどして現金比率を高めつつ、より大きい下落相場に備えるのも大事ニャー。