どどんと連日上昇相場!
と、いいつつも上昇2,072銘柄/下落1,645銘柄と、だんだん勢いは削がれてきた感じ。
特に新興指標にパワーが感じられず、一旦の天井が意識されている感があります。

さてTO戦略は逆張り売りポジションが多かったため、損切りデーとなりました。
逆張り買いポジションは奮闘してくれましたが及ばず。

しかし今日(1/9)は逆張り売り「シンデレラ」が1銘柄、逆張り買い「キラークイーン」が2銘柄仕掛けでほんのりプラス。明日(1/10)は2019年最初の利確デーになればいいなー。
hatsuyume

検証速度が速い! 使いやすい! 利用者多数!
売買ルールの構築/検証/シグナル抽出は、「株システムトレードソフト イザナミ」を使用! 


■損益グラフ
損益グラフ

■売買ルール別損益
売買ルール別損益

■イザナミ豆知識
最適分散投資の優先順設定はうまく調整すると成績アップが狙える反面、過去相場に合わせすぎちゃうカーブフィッティングの原因にもなりやすい部分でもあります。

そこで優先順をランダムにしてから何度か最適分散投資を実行することによって、
どのような成績のブレが発生するか確認する方法がありますのでお教えしましょう!

まずは最適分散投資のオプションで「優先順設定のゆらぎ設定を有効にする。」をONにします。
capt_tutorial_2011110201_00

続いて優先順設定で「テクニカル指標の値に揺らぎを加える」をONにし
-10000~10000まで、といった大きな数字がランダムで加えられるように設定します。
000

こうすると優先順に指定した指標がいい感じにランダムになるため、
仕掛ける銘柄が最適分散投資を実行するたびに変化するようになります。

capt_tutorial_2011110201_02

4-5回実行して都度検証結果をメモって最高の成績と最低の成績を比較してみてください。
これくらいのブレが発生しても許容できるか、実運用する前にチェックしておくと良いですよ!

※大事実運用するときは必ず「優先順設定のゆらぎ設定を有効にする。」をOFFにしてください!毎日シグナルが変わっちゃいます。
 
■おまけ
ダンボールの穴から覗いてるフルート。
miwa
何してるニャ?