2014年1月も半分が過ぎ去りましたが、昨年(2013年)のお話を一つ。

昨年も無事一年間Yahoo!ファイナンス!で株価予想大内も予想を投稿させていただきました。

投稿しただけじゃなくなんと日本株部門の投稿数No1に輝きました! これはたくさんの銘柄に仕掛けるシストレの力によるものです。
 
無題
2013年教えて達人スペシャル より

 
世間から見れば予想を数出せばいいってものではなくて、結局のところの損益はどうだったの?というところが気になります。

というわけで前回に引き続き、2013年1~12月の各達人の「損益率」を集計してランキングしてみました!

結果は驚くべきものに!!

Y!F株価予想損益率集計2013年完全版
(※この表の「損益率」は1銘柄(1予想)の利益率を単純に合計していったものです。運用資金がこの損益率で増えたことを表しているのではないのでご注意下さい。)

ななな・・・なんと 大内がNo1になってましたーーー!!!!

今回も1~4位が別次元の成績ですが、順位は違えど顔ぶれが前回、前々回調査と一緒です。

この4人はそろそろ殿堂入りしちゃってもいいのでは?なんて思うくらい。(笑)

DSC_0407

ツクヨミ岡野も堂々の6位入賞。2013年はまれに見る上げ相場だったこともありますがほとんどの達人はプラスとなっているようです。(*´∀`*)

 
ところで大内の+800%!を見ると資産が8倍になったように見えますが、そうではありません。
1銘柄に仕掛けた金額に対して+800%と考えるとよいです。
tescfip4-p01

つまりTO戦略だと1銘柄が約50万になるように仕掛けてますので、この50万が+800%、つまり+400万の利益になったと考えると現実的な数値になります。

Yahoo!株価予想では、週の途中で予想したものは翌週月曜寄り付き仕掛け、金曜引け手仕舞いの集計となってしまうので、現実の取引とは合わないはずなんですが、TO戦略の現実の利益が+472万なので、意外と大きい違いがなかったことがわかりました。不思議なものです。(^_^;)

2014年もNo1目指して、引き続き予想を投稿していきます。今後ともご贔屓に!