日本版ISA(アイサ)が今年10月からスタートしそうです。
日本版ISAとは、株式や投信で値上がり益や配当金の一定額を非課税にする制度のこと。
英国の個人貯蓄口座(Individual Savings Account)がモデルと言われています。
(詳しくは金融庁のこちらの資料で。)

ISAを使うことによるデメリットは今のところ特に見当たらないので、これを機に株式や投信への投資を始めてみようとする人が増えそうですね。
キャピタルゲイン税の減税措置が無くなるのはつらいですが…(苦笑)

発祥国である英国の株式市場は、1999年ISA導入後どうなったのかというと、
「上げ下げして横ばい…。」

株式市場には、
・売買代金が増える。
・寄付き・引けに、投信の大口売買注文が増える。
・日経平均採用銘柄や中大型株が買われる。
等の影響が出そうといったところでしょうか。

「株価は景気に先行して動く。」
という見方からすれば、日本版ISA導入に向けて何かと株が話題になりそうですね!
20130401祭り

さて今週は、「思わぬ調整局面でも底堅そうな成長銘柄」という観点で3社調べてみました。
相関機能を使って、今週の値動きを検証した銘柄はこちら!

2678アスクル(期待値+0.40%)
2678アスクル2

3661エムアップ(期待値+0.52%)
3661エムアップ

9792ニチイ学館(期待値+0.35%)
9792ニチイ学館

思いっきり主観ですが、3社の共通点は既存事業と育成事業の手掛け方のバランスの良さ!
「資金管理然り、配分を考えるのって相当奥深い。」
バランス感覚は日々磨いていきたいとしみじみ感じます(笑)。

上記の検証は「株システムトレードソフト イザナミ」トライアル版(無料)で体験できます!
----------------------------------------------------------------------------
サンプルファイルをダウンロードしていろいろ試してみよう!
サンプルファイルをイザナミへ読み込む方法はこちら
----------------------------------------------------------------------------